国島丈生‎ > ‎

流通科学大学「ネットコミュニティ論」サポートページ

インターネットによって、我々は、場所に依存しないネットワーク上だけのコミュニティという新たなコミュニケーションの手段を得ました。そして、情報技術の発達に伴い、ネットワーク上のコミュニティは再び実社会と交わり、多様な情報サービスへと発展しています。本講義では、このように多様に発展するネットコミュニティを理解することを目的とし、利用者側と運営側の双方から、また多様な情報サービスとの関わりからネットコミュニティを解説します。

シラバス(2016年度)

講義概要(2016年度)

  • 第1回(2016-09-23実施):講義の概要
  • 第2回(2016-09-30実施):ネットコミュニティの形
  • 第3回(2016-10-07実施):ネットコミュニティの形とシステムアーキテクチャ
  • 第4回(2016-10-14実施):運営側から見たSNS
  • 第5回(2016-10-28実施):検索と広告
  • 第6回(2016-11-11実施):個人化と情報推薦
  • 第7回(2016-11-18実施):SNSとクチコミ
  • 第8回(2016-11-25実施):SNSにおける企業とユーザとのコミュニケーション
  • 第9回(2016-12-02実施):無料(フリー)
  • 第10回(2016-12-16実施):セキュリティ
  • 第11回(2016-12-23実施):炎上
  • 第12回(2017-01-06実施):SNSの負の側面
  • 第13回(2017-06-13実施):クリエイターとSNS
  • 第14回(2017-01-20実施):人が集まるコミュニティ
    • 講義メモは公開しない。下記の文献をもとに講義内容を構成しているので、興味がある場合は参照されたい。
    • 古川健介:人が集まるコミュニティのつくり方、角川インターネット講座5「ネットコミュニティの設計と力」第3章(2015)
  • 第15回(2017-01-24実施):補講
Comments